「懸想」の意味と使い方を解説!「懸想(けそう)」を使った例文も紹介!

懸想

「懸想(けそう)」という言葉を知っていますか?

「懸想(けそう)」とは「恋い慕うこと・異性に思いをかけること」を意味します。

意味を知ってしまえば、そんなに難しい言葉ではありませんね!

難しくないとはいえ、あまり馴染みのない言葉かもしれません。しかし意味や使い方を覚えると、表現の幅がより一層広がることでしょう。

以下では使い方例文などを解説して「懸想」を深堀りしていきます!

「懸想」の意味と読み方

「懸想」はけそうと読み、
「恋い慕うこと・異性に思いをかけること」を表します。

漢字を一つずつ見てみましょう!

懸・・・かける、(心に)とどめる、離れないようにする、つなぐ

想・・・心に思い浮かべる、おもい

「思いを懸ける」という言葉があるように、「懸」は人を気にかけたり、相手のことを心に思いつづけるような意味合いを持ちます。

よって、懸想は「想いをかける」=「恋い慕う」意味となるのです。

MEMO
辞書的に「懸想(けそう)」は「異性に想いをかけること」となってはいますが、多様な現代に言わせればその相手が異性でなくとも「懸想」を使用する事ができます!

「懸想」の正しい使い方

では、「懸想(けそう)」はどういう時に使うのでしょうか。

 

「懸想」の正しい使い方

懸想(けそう)という言葉は、古くは男性が女性に恋をした時に使われる言葉でした。

昔は、女性から愛を告白する機会が少なかったからかもしれませんね!(バレンタインデーができたのも、女性から告白が出来る機会を作るため、と言われていますし。)

しかし今では女性から男性に向けて懸想するのは当たり前ですし、同性や二次元に向けて懸想することもあるかもしれませんね。恋愛対象としての恋い焦がれる気持ちであれば、割といろんな場面で使うことができそうな言葉です。

懸想自体は名詞なので、使用する際には懸想する、懸想して、など動詞にして使ってくださいね!名詞としては私の懸想も今日限り・・・なんて使い方ができます。

ちなみに、懸想は恋い慕うことでしたよね。では「懸想文」は何かわかりますか?

これは懸想の気持ちを綴った手紙、「恋文」!要するにラブレターのことです。

何か小説や物語を書きたい時には、ラブレターをあえて懸想文と表してみるのも趣があります!

「懸想」の類義語・同義語

 

「懸想(けそう)」の類義語・同義語にはどのようなものがあるでしょうか?

 

「懸想(けそう)」の類義語・同義語
  • 思いを懸ける・・・恋い慕う、執着する、情をかける、心配をかける
  • 恋慕(れんぼ)・・・恋い慕う、夢中、心を奪われる
  • 恋情(れんじょう)・・・恋心、恋い慕う気持ち
  • 恋い焦(こ)がれる・・・恋しさのためにひどく心を悩ます、心が乱れ苦しむ
  • 恋煩(わずら)い・・・恋の悩みによって病気のようになった状態。恋の病(やまい)。

「懸想」の対義語・反対語

 

「懸想(けそう)」には明確な対義語・反対語といったものはありません。

しかし、恋い慕うことの反対になるであろう言葉をご紹介します。

 

「懸想(けそう)」の対義語・反対語
  • 失恋(しつれん)・・・恋をあきらめなければならない状態
  • 憎む・・・不快に思う、許しがたく思う
  • 憎悪(ぞうお)・・・憎みきらうこと、ひどく憎むこと
  • 無関心(むかんしん)・・・気にもかけないこと
  • 生理的に無理(むり)・・・身体的な反応が出てしまうほど嫌悪する

「懸想」を使った例文

 

「懸想(けそう)」はどのように使うのでしょうか。以下に例文を挙げてみました。

 

「懸想(けそう)」を使った例文
  1. 我が懸想の痛みを忍び泣きぬ。
  2. 彼には人知れず懸想している相手がいるが、それは許されない恋であった。
  3. 若かりし頃に彼女に懸想したあの気持ちは、本当に青春だったなぁと懐かしく思うよ。
  4. マジ懸想!つらたん!

まとめ

以上、「懸想(けそう)」の意味や用法について深掘りしてみました。

古風な表現、懸想。ぜひぜひ使いこなしていただければ幸いです!

この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。