「即物的」の意味と使い方を解説!「即物的な表現」とは?

即物的

「即物的(そくぶつてき)」という言葉は、かなりとっつきにくい印象があります。

見るからに堅苦しい感じで、意味も推測しづらいです。
そして実際、なかなか難度の高い言葉でもあります!!

が、ここは頑張って、「即物的」を使いこなすチャレンジをしてみてはどうでしょうか。

では早速「即物的」の意味や用法について深掘りしていきましょう!

「即物的」の意味

「即物的」は「そくぶつてき」と読みます。

とはいえ、読めても「ああ、あのことね!」とは全然ならないでしょう。
「即物的」は一体、どういう意味の言葉なのでしょうか?

まずは、「即物的」の漢字を、ひとつずつ確認していきましょう。
」は「つく」という意味。
」は「モノ」
」は「~である様子」

なので文字通りには「即物的」は「モノにつく様子」となります。実際、辞書にも「物に即するさま」とありますが、これでは何のことやら、ですね。

ひらたくいうと「他の要因にとらわれずに、対象となる物事の本質そのものを活かすこと」となります。

実は「即物的」はドイツ語の「ザッハリッヒ(sachlich)」の訳語です。哲学用語でもあります。どうりで難しいわけです。

主観や、観念的・抽象的な考え方を排して、客観的な観察を通じて物事のありかたを捉える様子」という訳です。
まだ、難しいですが、次の項の「使い方」や「例文」に触れれば、もう少し感じがつかめると思います。

「即物的」の使い方

「即物的(そくぶつてき)」は、「見る人の主観(気持ち)」や「頭で考えた理想や理念(観念)」や、「抽象的にまとめられた考え」で、物事を判断するのではなく、現実を客観的に、対象をありのままに捉えようとする態度です。

その本来の語義から派生して、「理想や夢を無視して、実利的な利害を優先する」という批判的な意味でも使われます。

日常的な場面では、「即物的」という言葉は「冷たい」「つまらない」「ありのまますぎて夢がない」などの否定的な評価を含んで言うこともあります。

「即物的な表現」とは

「即物的な表現」とは、物に即した表現ということです。

「即物的」ではない例を挙げると分かりやすいと思います。
「王侯貴族だから、いかにも立派そうに、威厳ある様子で描く」
「美人のモデルをとにかく魅力的に描く」
「風光明媚な風景だけを選んで描いたり、撮影したりする」
「理想が服を着て歩いているような非現実的な主人公の物語」
「現実からは目を背け、頭の中のお花畑を描いたポエム」

これらの表現の対極にあるのが「即物的な表現」です。

「即物的な表現」は、事実そのままを、飾り気なし、脚色無しで描くということです。

「即物的な表現」を突き詰めようとした芸術運動が、「新即物主義」というものです。第一次世界大戦の後、ヨーロッパ(特にドイツ)で起こりました。

風光明媚な風景、美しい人物、理想像、理想郷、そういうものだけを描くことに反対し、市井の人々やゴミゴミした街角など、社会の実相を客観的に、冷徹に描こうとしました。

「即物的」の類義語・同義語

「即物的(そくぶつてき)」の類義語・同義語にはどのようなものがあるでしょうか。
以下に、例をあげてみましょう。

 

「即物的(そくぶつてき)」の類義語・同義語
  • 客観的
  • リアリズム
  • 現実主義的
  • 具体的
  • 唯物論的

などが挙げられるでしょう。

「即物的」の対義語・反対語

「即物的(そくぶつてき)」の対義語・反対語にはどのようなものがあるでしょうか。
以下に、例をあげてみましょう。

 

「即物的(そくぶつてき)」の対義語・反対語
  • 主観的
  • 観念的
  • 理想主義的
  • 抽象的
  • 観念論的

他には
「宗教的」
宗教、神といった観念は(信仰している当事者は別としても)、人間が頭で生み出した観念ですから、原理的にいって「即物的」に捉えることはできません。なので、「宗教的」と「即物的」は、水と油のような関係と言えるでしょう。

「即物的」を使った例文

「即物的(そくぶつてき)」はどのように使うのでしょうか。以下に例文を挙げてみました。

「即物的」を使った例文

 

「 即物的(そくぶつてき)」を使った例文
  1. 「王様だからといって立派そうに描かず、もっと即物的にありのままに描くべきだ。」「そうしたら仕事が貰えなくなるどころか、下手したらギロチンですよ!」
  2. 名指揮者トスカニーニの演奏は一般に即物的と言われるが、決して、機械的、無感動に演奏しているわけではない。
  3. 「愛だの恋だのと観念的な話は置いておいて、もっと即物的にセックスそのものを楽しもうよ。」「ケダモノか。」
  4. あのひとは、人の気持ちも考えなければ、理想も夢もない、即物的で冷たい人間なのよ。

まとめ

以上、「即物的」の意味や用法について深掘りしてみました。

もともと哲学や美術の用語として、積極的な意味で使われる「即物的」ですが、近年では、悪い意味で使う用法が増えているかもしれません。

ともあれ、「即物的」という難しい語彙を、しっかり活用して、表現の幅を広げていただければと思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。