「裏腹」の意味をわかりやすく解説!「裏腹」を使った例文も紹介

彼我

「気持ちとは裏腹な言葉」を発してしまったことが人生で一度はあるのではないでしょうか。

「気持ちとは裏腹」の「裏腹」とはどの様な意味があるのでしょうか。

この記事では「裏腹」の意味や使い方など例文を用いて解説します。

それでは「裏腹」という言葉の意味に関して深掘りしてみましょう!

「裏腹」の意味・読み方

裏腹は「うら-はら」と読みます。

裏腹の意味ですが、わかりやすくそれぞれの文字の意味を紐解いてみましょう。

「裏」・・・人の目から隠れた方の面。

「腹」・・・人間や動物の体における胴の下半部のことである。

裏腹の意味は字義通りに捉えると「(人の裏)背と腹」という意味になり、言葉の意味としては「裏と表」「背中合わせ」「相反していること」を表している。

「裏腹」の意味
  • 背と腹。また、裏と表。
  • 背中合わせ。隣り合わせの関係であること。「死と裏腹の危険な仕事」
  • 相反していること。また、そのさま。逆さま。反対。あべこべ。「気持ちと裏腹な言葉」

 

「裏腹」の使い方

「裏腹」の使い方として、「思っていることと態度や行動が矛盾している」場合に使うことが多くあります。代表的な使い方として「心と裏腹に〜」です。

例)「気持ちと裏腹な行動ばかりとってしまう」

  • 本心とは裏腹に
  • 思いと裏腹に
  • 気持ちと裏腹に

 

また、裏腹には「相反している」という意味もありますので、

  • 死と裏腹の危険な仕事

などのような使い方もできます。

「裏腹」の類義語・同義語

「裏腹(うらはら)」の類義語・同義語には、どのような言葉があるでしょうか。

裏腹には下記のような言葉が類義語・同義語として挙げられます。

「裏腹(裏と表の意)」の類義語・同義語
  • あべこべ・・・順序・位置・関係がひっくり返っていること。反対。さかさ。
  • 裏表(うらおもて)・・・表向きと内実。「物の―に通じた人」。見せかけと実際とが一致しないこと。
  • 反対(はんたい)・・・ある物事・向きと、対立・逆の関係にあること。
「裏腹(相反の意)」の類義語・同義語
  • 正反対(せいはんたい)・・・全く反対であること。まるっきり相反していること。
  • 真逆(まぎゃく)・・・正反対。
  • 表裏(ひょうり)・・・表と裏が相違するさま(であること)。
  • 紙一重(かみひとえ)・・・紙一枚の厚さほどの、ごくわずかな隔たりのこと。

「裏腹」の対義語・反対語

「裏腹(うらはら)」の対義語・反対語にはどのようなものがあるでしょうか。

裏腹には明確な対義語というのはありませんが、「相反していること」という意味に対しての対義語・反対語の意味をもつ言葉は裏腹の対義語・反対語と言えます。

裏腹には下記のような言葉が対義語・反対語として挙げられます。

「裏腹」の対義語・反対語
  • 併存・並存(へいぞん)・・・二つ以上のものが同時に存在すること。
  • 共存(きょうぞん)・・・同時に二つ以上のものが共に存すること。
  • 共在(きょうざい)・・・二つ以上の事物、また、事物の性質が同時に存在すること。
  • 両立(りょうりつ)・・・両方とも成り立つこと。二つともならび立つこと。

「裏腹」を使った例文

「裏腹(うらはら)」はどのように使うのでしょうか。例文を使ってご紹介します。

「裏腹 」を使った例文
  1. 彼は言うこととすることが裏腹だ。
  2. 彼女の悲しげな表情は本心と裏腹だった。
  3. そんな否定的な言葉とは裏腹に彼の声はさらに明るくなった。
  4. 頭のなかとは裏腹に、口だけ先に動いてしまったという様子だった。
  5. その言葉とは裏腹に、男はまったく困っているようにはみえなかった。
  6. しかしその内容とは裏腹に、彼に対する不信感が言葉には滲み出ていた。
  7. その口の悪さとは裏腹に、こいつは和服の似合う日本美人だったりする。

「裏腹」の意味まとめ文

「裏腹(うらはら)」の言葉の意味や用法について深掘りしてみました。

この言い回しを身に着けて、表現の幅を広げていただければと思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。