「努々」の意味と使い方を解説!「努々」を使った例文を紹介

努努

「努々」という言葉は、ご存知でしょうか。

使われている漢字が「努力」の「努」なので、意味はなんとなく推測できますが、ではなんと読むのでしょうか? 「どど?」 ではありません。

読み方が分かれば、これは誰でも知っているような普通の言葉です。

それでは、以下で「努々」の読み方、意味や用法について深掘りしていきましょう!

「努々」の意味・読み方

努々」は「ゆめゆめ」と読みます。「努努」と書いても同じです。

次に意味ですが、まずは「努(ゆめ)」から確認していきましょう。

」という漢字は、「つとめる」「力をつくす」「はげむ」という意味です。
これに「ゆめ」という和語の読みを当てはめるのは日本で生じた用法です。

「努(ゆめ)」という言葉は、
「ゆめゆめ」
けっして
「必ず」
少しも
などの意味で、

うしろに禁止の語否定の語を伴って使われます。

「努々(ゆめゆめ)」は「努(ゆめ)」を二度重ねることでより強調した言い方です。

「努々」の使い方

では「努々」はどのように使う言葉でしょうか。

「努々(ゆめゆめ)」は、禁止の語をともなって、万が一にもそうなってはならないと強くいましめる表現です。

「努々怠るなかれ」は「決してさぼってはいけない」ということです。

「努々考えもしなかった」は「少しも、まったく考えもしなかった」ということです。

「努々忘るべからず」は「決して忘れてはいけない」です。

「努々疑うことなかれ」は「決して疑ってはいけない」です。

いずれにしても、少々古めかしい言い回しです。

「努々」の類義語・同義語

「努々(ゆめゆめ)」の類義語・同義語にはどのようなものがあるでしょうか。
以下に、例をあげてみましょう。

 

「努々(ゆめゆめ)」の類義語・同義語
  • 「決して」 つよく否定する言い方です。
  • 「きっと」 「多分」のように曖昧ではなく、強い期待を持っている表現です。
  • 「少しも」 肯定できる要素がまったくない様子です。
  • 「夢にも」 こちらの字を使う「ゆめにも」も、「少しも」「決して」と「努(ゆめ)」と同じ意味で使われます。
  • 「断じて」 確信を持って否定する言い方です。「断じて許さない」「断じてそんなはずはない」など。

 

「努々」の対義語・反対語

「努々(ゆめゆめ)」の対義語・反対語にはどのようなものがあるでしょうか。
以下に、例をあげてみましょう。

語の性質上、対義語というものはありません
なので、対照的な意味合いの表現の例を挙げます。

 

「努々(ゆめゆめ)」の対義語・反対語
  • 努々(ゆめゆめ)」は強く禁止する表現ですので、逆に強く命じる表現として以下のような例があります。☆「確と(しかと)、しっかと」
    =「しかと心得よ」は「しっかり、確実に心得ておけ」という命令です。
    ☆「万障繰り合わせて
    =どれほど支障があってもそれを克服して、ということ。「万障繰り合わせてご出席ください」などと用います。
  • もっと弱い禁止を表す表現の例として以下などがあります。
    ☆「できれば」
    ☆「なるべく」

「努々」を使った例文

「努々(ゆめゆめ)」はどのように使うのでしょうか。以下に例文を挙げてみました。

 

「努々(ゆめゆめ) 」を使った例文
  1.  米国の核の傘あっての日本の平和と繁栄だということを努々(ゆめゆめ)忘れてはなりません。
  2. 「あなたのことは努々疑ってはいませんわ。」「僕のことを探偵に素行調査依頼したのに?」
  3. 上達したいのなら、一日も欠かさず基礎練習することを、努々怠ってはいけない。
  4. そのような危険分子と、努々通じることがないよう、ますます監視を強めねばなるまい。

まとめ

以上、「努々(ゆめゆめ)」の意味や用法について深掘りしてみました。

「努々」だけではなく、「決して」や「断じて」など、さまざまな類語や対義語をうまく活用して、ぜひ表現の幅を広げていただければと思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。